アロマテラピーアドバイザー認定講習会とは?内容を詳しく解説

アロマテラピーアドバイザー認定講習会とは?内容を詳しく解説 アロマテラピーアドバイザー

こんにちは。アロマテラピーインストラクター さくらです。

今回は、(公社)日本アロマ環境協会の認定資格「アロマテラピーアドバイザー」を取得するための、アドバイザー認定講習会の内容について詳しく解説します。

これからアロマの勉強を始める方や、今まさにアロマテラピー検定の勉強をしている方なら、いずれはアロマテラピーアドバイザー認定講習会を、受講することとなると思います。

ですから、どんな講習会なのか、イメージが掴みやすいように、分かりやすくお伝えできるよう内容をまとめてみました。

アロマテラピーアドバイザーを目指している方は、ぜひ内容をチェックしてみてください。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会とは

まずは、「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」とは、どのような講座なのか、簡単にだけ紹介をしておきましょう。

 

アドバイザー資格を得るための講座

アロマテラピーアドバイザー認定講習会とは、アロマテラピー検定1級に合格した方が、(公社)日本アロマ環境協会が認定する、「アロマテラピーアドバザー資格」を得るための、受講必須講座となります。

ですから基本的には、アロマテラピー検定の合格後に受講する講座であり、受講後に得られる「履修証明書」を持って、協会へ入会し、資格申請することで、アロマテラピーアドバイザー資格が得られるのです。

この講座は、(公社)日本アロマ環境協会によって、内容を厳しく定められた講座であり、協会と協会指定のアロマスクールにて、受講することが出来ます。

どこで受けても、その内容が全く同じで、特に違いが無い点が、他の資格講座とは異なるポイントです。

 

認定講習会の開催日や費用について

アロマテラピーアドバイザー認定講習会の開催日は、協会やスクールによって異なり、年間を通して各地で開催されています。

特に最近は、オンラインでの講座開催も行っているので、ネットなどで調べれば、いくつもの講座が出てくることでしょう。

この講座は、受講内容、受講時間、受講料など厳密に統一されていますから、どちらで受講されても「3時間、5,236円(税込)、テキスト代含む」となります。

なお、こちらの「アロマテラピーアドバイザー認定講習会【オンライン開催】」には、そんな認定講習会の詳しい開催要項が記載されているので、気になる方はご覧ください。

 

アドバイザー認定講習会を開催する目的

では、アドバイザー認定講習会で学ぶ内容について、見ていきましょう。

認定講習会が始まると、まず初めに教わるのが、そもそもアロマテラピーアドバイザー認定講習会は何のために開催しているのか、その目的についてです。

 

アロマテラピー検定との違い

まず、アドバイザーを取得する前段階に、アロマテラピー検定という試験があります。

このアロマテラピー検定で学ぶのは、精油とは何かということから、その安全な使い方など、自分や家族でアロマを楽しむことを目的とした内容です。

それに対して、アロマテラピーアドバイザーというのは、名前の通り、アロマについて第三者にアドバイスする、というのが目的の一つとされています。

つまり、アロマテラピー検定で学んだ内容を、自分だけが理解して終わるのではなく、今度は第三者に伝えられるようになろう!というのが、アドバイザー認定講習会を開催する大きな目的なのです。

 

さくら
さくら

アロマ検定試験をまだ受けていない方は、まずはこちらのアロマテラピー検定1級・2級の独学勉強方法!やり方や範囲など必見をご覧になって下さい。

アロマテラピー検定の詳細や学ぶべき、試験範囲なども解りますから、一度目を通しておくといいですよ。

 

人に伝えるための知識を見に付ける

アロマテラピーアドバイザー認定講習会で学ぶ内容は、大きく分けて3つあります。

まず、「アロマテラピーアドバイザーについて」、次に「アロマテラピーに関わる法律」、そして、資格の認定をしている「公益社団法人 日本アロマ環境協会について」です。

具体的には、アロマテラピー検定で学んだ内容を再確認しながら、第三者に伝えるために必要な知識を、正しく学んでいくことになります。

知識として知っていても、それを人に伝えるのは意外と難しいことです。

言葉でどう伝えるのか、何を伝えておく必要があるのかを学んで、身に着けることが、アドバイザー認定講習会を受講するポイントといえるでしょう。

※アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト
アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト

 

さくら
さくら

認定講習会では、講師となるアロマテラピーインストラクターの指導のもと、アロマについて聞かれたときに、自信を持って答えられるよう、大切なポイントをいくつも学んでいきます。

特にアロマテラピーに関わる法律は、アドバイザーとして抑えるべき重要な項目ですよ。

 

アロマテラピーアドバイザーについて

ここからは、アロマテラピーアドバイザー認定講習会で学ぶ内容について、各カテゴリーごとに詳しく見ていきましょう。

まずは、CHAPTER1.アロマテラピーアドバイザーについてです。

 

アロマテラピーアドバイザーとは

アロマテラピーアドバイザー認定講習会で、一番初めに学ぶことは「そもそもアドバイザーとはどんな存在なのか?」という点です。

(公社)日本アロマ環境協会では、アロマテラピーに関する様々な資格がありますが、その中の一つである、アロマテラピーアドバイザーの役割について学んでいきます。

どんなことができるのか、また、心掛けるべきことなど、アドバイザーとしての基本を学ぶ内容です。

ここでは詳細は省きますが、気になる方はこちらの「アロマテラピーアドバイザー資格で「できること」と「できないこと」」を参考にご覧ください。

※アドバイザー認定講習会テキスト「アロマテラピーアドバイザーについて」
アドバイザー認定講習会テキスト「アロマテラピーアドバイザーについて」

 

さくら
さくら

自分の持っている資格が適応する範囲について、きちんと把握することで、資格を活かせる幅も明確になりますね。

 

大切なアロマの基本

ここでは、アロマテラピー検定で学んだ、精油の基礎知識の中で特に重要な部分も再確認していきます。

具体的な内容としては、アロマテラピーとは何か、精油とは何か、その性質などの基本情報や、保存方法など。

実際に精油を使用したり、購入したりする人に、アロマテラピーアドバイザーとしてアドバイスすべき内容を、認定講習会ではより重点的に学びます。

アロマ検定で学んだ精油の扱い方を、もう一度振り返る感じです。

 

安全に楽しむために知っておきたいこと

次に、安全のために知っておくべきことについて、詳しくお話しします。

例えば、アロマテラピー検定でも学んだ、精油を使う芳香浴やトリートメントで、精油を何滴使うのか?など、とても大切な内容です。

他にも、妊婦さんや小さな子供が利用するケースなど、対象者ごとの注意点、皮膚トラブル、万が一の際の応急処置について

アドバイザー認定講習会では、精油を安全の利用するために、知っておくべきことへの理解を、より深めていきます。

 

さくら
さくら

全くアロマテラピーを知らない方に、精油の使い方のアドバイスをするので、何よりも重要なのは、精油の安全な利用法だといえます。

これはアロマテラピーアドバイザーとして、ぜひ心得ていてほしいポイントですから、認定講習会ではミッチリ指導していきますよ。

 

アロマテラピーに関連する法律を学ぶ

続いて、認定講習会のCHAPTER2.アロマテラピーに関わる法律について学びます。

ここで学ぶことは、アドバイザーはもちろん、アロマを仕事で活かそうと思っている人にとっては、とても重要な内容です。

 

アロマテラピーと法律の関わり

現時点では、アロマテラピーや精油を、直接取り締まる法律はありません

ですが、場合によっては、法律に触れてしまう事があることを覚えておきましょう。

自分一人でアロマを楽しむ分には問題ありませんが、アロマテラピーのお店を始めたい、手作りの化粧品を販売したいなど、アロマを仕事にする場合には、特に注意が必要です。

そのため、どんな法律と関わる可能性があるのかを、アドバイザー認定講習会でしっかりと学んでいただきます。

※アドバイザー認定講習会テキスト「アロマテラピー関連法規」
アドバイザー認定講習会テキスト「アロマテラピー関連法規」

 

【実例紹介】活動時に気を付けるポイント

関連する法律について学んだあとは、実際にどんな場合に法律に触れるのか、実例を見ていきましょう。

アロマテラピー検定でも、法律について勉強していますが、アドバイザー認定講習会では、もっと実践的な内容が主になっているので、この内容はかなりボリュームがあります。

例えば、個人で精油を使った手作り化粧品をプレゼントしたり、フリーマーケットなどで販売するのは大丈夫なのか、あるいは、ショップでお客様に精油の「効果・効能」を教えても良いのか、などの細かな点についてです。

このあたりは、アロマテラピーのアドバイザーとして、ぜひ知っておきたい内容ですね。

 

さくら
さくら

かなり具体的な話しになるので、これからアロマテラピーを活用しようと思うなら、とても参考になりますよ。

逆に、関連する法律について学ぶことで、アロマテラピーのアドバイザーとしての自覚も出てくるでしょう。

 

公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)について

CHAPTER3では、みなさんが目指している、アロマテラピーアドバイザー資格を認定しているアロマ協会公益社団法人 日本アロマ環境協会(通称AEAJ)について学びます。

 

(公社)日本アロマ環境協会とはどんな協会なのか

みなさんが資格の認定を受けるにあたって、その協会がどんな団体か分からないままでは不安ですよね。

アドバイザー認定講習会では、(公社)日本アロマ環境協会が、どんな組織なのかも詳しく学んでいきます。

どんな風に設立され、どのように運営されているのか、自分の参加するアロマテラピー協会について、きちんと説明できる知識を身に着けるための内容です。

また、(公社)日本アロマ環境協会で行っている、アロマテラピーを正しく普及するための、さまざまな香育活動についても紹介しますよ。

※アドバイザー認定講習会テキスト「公益社団法人 日本アロマ環境協会について」
アドバイザー認定講習会テキスト「公益社団法人 日本アロマ環境協会について」

 

さくら
さくら

私のスクールでも、地域で香育の活動に携わったことがありますが、みなさんも将来的には関わるかもしれません。そのつもりで聞いてくださいね。

とくに協会の活動目的や活動内容は、アドバイザーとして、しっかり理解しておくべきポイントです。

 

さまざまな資格制度やサポート

(公社)日本アロマ環境協会では、2021年1月の時点で、アロマテラピー検定とアドバイザー資格も含めて、全部で8つの資格があります。

こんなに種類が多いと、それぞれの資格の専門性について、なかなか理解できないこともあるでしょう。

ですから、各資格がどんなものなのか、その内容について簡単にお話しします。

また、会員になることで受けられる、様々なサポートなどの特典もありますので、そんなことも一緒に説明していきます。

 

シミュレーションワーク

アロマテラピーアドバイザー認定講習会では、講習会の合間に、ちょっとした実習も行っています。

 

アロマテラピーの実習

最新のアドバイザー認定講習会のカリキュラムでは、新たに実習の時間ができました。

実習の有無や、その内容はスクールによって様々ですが、実際の精油に触れる時間が増えるのは、嬉しいことですよね。

特に以前は、アロマの精油に触れることなく、テキストと問題集だけで検定試験に合格する方もいたので、協会内でそれが問題になっていました。

そんな、精油を使えないアドバイザーが誕生しないようにという、計らいもあるのでしょう。

 

精油のイメージを共有する実習

ちなみに、私のスクールでは、簡単なイメージワークを行っていますよ。

受講生さんに、お好きな精油を用意していただいて、その香りを嗅いだイメージを、みんなで共有していく感じです。

例えば、オレンジを嗅いだら、「すごく元気」「子供がはしゃいでるみたい」「明るいお日様のイメージ」などなど、香りを嗅いで感じたことを、みんなでシェアしていきます。

実際に、精油の香りについてアドバイスをするときには、口頭でイメージを伝えることが求められますからね。

 

さくら
さくら

これは、アロマテラピー検定対策講座でも行っているワークです。

勉強の合間の息抜きがてら、ほっとリラックスして団らんする、楽しいひとときです。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会の内容のまとめ

アドバイザー認定講習会の内容について、詳しくご紹介してきましたが、なんとなくイメージは掴めたでしょうか。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会の日程

私のスクールでも、年に数回は、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を開催しています。

現在は、コロナ禍の影響で、ネットでの受講が認められたため、ZOOMを使ってオンラインで開催しています。

ですから、全国どこにお住まいの方でもご受講いただけますし、実際に全国各地の受講生が楽しみながら参加してます。

なお、開催日程など詳細については、こちらの「アロマテラピーアドバイザー認定講習会【オンライン開催】」をご確認くださいね。

 

認定講習会を受講する上で

最後に、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講する際には、こちらの「アロマテラピーアドバイザー認定講習会の選び方(オンライン講座)」をご覧ください。

どんなスクールの認定講習会に参加すればいいのか、そのポイントがまとめられています。アロマテラピー検定の受験前でも、予備知識として目を通しておくと良いでしょう。

特に更なるステップアップで、インストラクター資格やセラピスト資格をお考えの方には、特に重要な内容となりますからね。

アロマのある暮らしを楽しむためにも、アロマテラピーの資格取得を目指しましょう。